<< 9日目 Α.皀廛措遊:アダマの食事代の秘密がわかった。 | main | 10日目 ◆.汽螢奸Ε吋ぅ燭鵬颪辰 >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


10日目  ゝ△蠅離丱垢歪恐適

日記毎日ジャズ、ゲーム、アートへ
ジャズ喫茶行脚
亀の夢の庭へ


いよいよバマコに帰る日が来た。
朝は、5時起き。朝食は5時半、なのにアダマが来ない。
やっと来たが、タクシーを捕まえようとして、結局2台来てしまった。そして、乗り場へ。
バスは6時半出発予定、6時前にバス停に着いたのですが、結局実際の出発は7時10分でした。少々の遅れですが、問題ないレベルです。

さすがにアダマは来がけの失態があったので、慎重な対応をしていた。

来がけのバスと同じだろうと、うんざりしながら乗ったのだけれど、これは違う!
まず、バスの室内がキレイ、途中いい加減に止まらない、非常に快適に走る。
おお、何と言う違いだ、と大感激。
12時前にはセグ着、16時にはバマコのバスターミナル着、そして、ターミナルからはアダマ自慢の超高級革張りのトヨタ・ランドクルーザー4x4で16時半には宿泊ホテル、のLafia着、と言うスムースさ・・・、驚きでした。
バス会社が行きとは違って、BANI Transport。皆さんもマリなら、このBANIのバスを使うべきですね。


バス会社によってこんなに違うのか、と驚き。

アダマの仕事はこれで終わったのですが、アダマに今夜も別契約で付き合わないか、と持ちかけて、夜のバマコを案内してもらう事にした。
どこに行くかと言うと、日本出発前から、相談していた、この宿泊地LAFIAのオーナーで日本在住のデコさん(女性です)から、バマコの夜の音楽概論、を聞いていたので、ざっと、ラフに次を回ることにしていました。
1.モフー:あのサリフ・ケイタのスタジオ兼お店(モフーと言うアルバムもある)
2.サントロ:高級レストランだが、伝統音楽、が聴ける。
3.アリアビバ:現地の音楽クラブ的らしい。

そして、行ってみると、モフーの店はレコーディング中と言うことで、営業無く、がっかりしたのでしたが、そのレコーディングの休憩時間に、サリフ・ケイタは遠く日本から来た、と言うのでサービス満点、中庭で会ってくれました。
が、これは次回に。


真っ暗な中に「モフー」の文字が浮かぶ。特にサリフ・ケイタの大ファンと言うわけではありませんが、ワールドミュージックとして良く聞いています。

スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • 14:24
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM