<< 8日目 ◆.謄レリ出発、午睡のオアシスへ | main | 9日目  .ぅ譽蠅離瀬鵐 >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


8日目  ティレリ出発、今日の寝場所イレリへ

そのオアシスを離れて、本日の寝場所の村に行く。イレリ。
ここは、大きな村、或いは大きな宿だった。

たくさんの旅行者が集まり、例えばバスツアーの人々もこの宿に泊まっている。
多分、80−100人が泊まっているのではないだろうか。
またも、嬉しい事に屋根無しのスペースに蚊帳を張れた、しかも、入り口から宿に入って来る階段の途中から右手に伸びてポコッとできた一人用のスペースで、楽しい。
シャワーまである!!シャワーは4室くらいが区切ってあって、上には大きなポリタンクがあって、そこから、コックをひねると自然落下で水が落ちてくる。
しかも、夕食時には、テーブルに山小屋のようにランタンが置いてあって、ここは結構プロの宿、と言う感じです。(ここで初めて気づいたのだけれど、油とかろうそくを使ったランタン風の明かりをどうして他の宿も使わないのだろう)


ここの写真が殆どありません。きっと、明日からの旅に備えて、電池を節約したのでしょう。
これはトグナです。どの村にも必ずある、激昂して立ち上がらないように天井を低くした会議室です。

ここで、せっかくドゴンへ来て、もう明日はこのドゴンの平原から崖上の文明国に帰るのだから、もう一度ドゴンダンスが見たい、と思い始めた。
で、アダマにその旨言うと、「わかった、アレンジする。」

「OKだ、ダンスの定価は6万CFAで、今晩手付けで半分の3万CFAを払い、明朝ダンスが終わって、更に残りの3万CFAを払うことになる。」
アダマは迂闊にもダンスの現地値段を出してしまったようだ。最初、日本からこのエージェンシーと価格交渉して、ダンスは約7万5千CFAだったので、今回定価として6万CFAとの事なので、約25%のコミッションを取っていたことになる。この6万CFAにも普通ならコミッションが入っているはずなので、アダマが幾ら取ったのか知れ無いが、もっとコミッションを取っていたのかわからない。
でも、そんな事はどうでも良い、とにかくたかが13000−15000円で村のダンスが楽しめるのだから。



JUGEMテーマ:旅行



スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • 10:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM