<< 2007年のアフリカバージョンの年賀状です | main | 旅行の日程計画 >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


マリへの最初の関わり・・・25年前

日記毎日ジャズ、ゲーム、アートへ
ジャズ喫茶行脚
スペイン旅行
亀の夢の庭 へ


マリという国を最初に覚えたのは、1982年、もう25年も前のことでした。
その頃、ある自動車会社の、海外広告宣伝グループにいた私は、ナイジェリアでキャンペーンを行うために、パリからナイジェリアの首都ラゴスへ向いました。更に、ナイジェリアから横っ飛びにコートジボワール(アイボリコースト)へ行き、アフリカ地区の各国の販売店を集めて、ディストリビューター・コンベンションを行い、帰りにヨーロッパに数カ国に寄って、打ち合わせをする、と言う約40日間のかなり長い海外出張に出かけました。
最初、エア・フランスだと思いますが、広告宣伝会社A社のO氏と二人で、パリから、ナイジェリアの首都ラゴスへ飛びました。あまり大きな飛行機ではなかったと思います。
しばらくして、O氏はいつもの調子で近くにいたいかにもパリジェンヌらしい、多分20歳前の二人の女の子と、英語で話を始め、結構盛り上がっていました。
彼女達は、数年間、マリ(昔はフランスの植民地でした)で看護婦として奉仕活動(?)を行うのだ、との事でした。



そして飛行機はマリのバマコに着陸し、彼女達は降りて行きました。
上から見ていると、マリは、バマコは、殺伐としていて、O氏はため息のように、「こんなところで、あんなかわいい女の子が、2年も、3年も、働くなんて、もったいない。」と洩らしていました。
確かに、何となく、日本ではありそうもない状況に、ポケーっと、降りてゆく二人を見送った事を覚えています。
その時はもちろん特別の感情をマリに持っていたわけではありませんでした。でも、その時、マリという国の名前を覚えたはずです。


スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • 18:24
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM