<< ドゴンの村:ノンボリに泊まる 6日目  | main | ドゴンのダンスの始まり 7日目  >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ノンボリに泊まる−夜のダンス 6日目 

夜寝ていると、ダンスとドラムの音が近くで聞こえる。この村でやっているのだ。
ごそごそと起き出して、暗い中危なっかしい梯子を降りて、音がするほうへ向う。
大勢の人が、特に女性が集まり、ドラムが鳴り続ける。
ドゴンのダンスだ、特等席に例の白人中年二人組の女性がおり、その時は気づかなかったが、彼らがお金を払って、夜のダンスを行なったのだ。その時は、単に村のダンスをやっているのだろう、と思った。


その時気づいて良いのだが、実は、私は見る資格が無かったのだ、私のダンスではないのだから・・・。見物すると半分は負担するのが常識だっただろう。
後から聞いたのですが、朝の男ダンス、夜の女ダンス、だそうです。
早速ビデオカメラを向けたのですが、なにしろ安めのビデオなので、画像は殆ど取れず、ただ、ドラムの音と声が聞こえてきます。(矢印をダブルクリックして下さい)


話が前後するのですが、予定では男ダンスをティレリで見るのでしたが、アダマによるとティレリのダンスが現在若手育成のため組織換えしており、元々の組織だと非常に高い金額を要求してきているので、やめて、このノンボリで明朝ダンスを見ることにした、と宣言した。




スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • 10:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM