<< 美しい村・・・・・何てカッコ良いモスク・・・3日目  | main | セグーの夜:アダマを責める 3日目  >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


夕暮れの美しい村 3日目 

日記毎日ジャズ、ゲーム、アートへ
ジャズ喫茶行脚
スペイン旅行
亀の夢の庭へ


このモスクは小柄で、あの大きなバオバブの木のそばにある。
横からも、後からも、魅力的で、美しい。







河の方面は、どんどん暮れて行く。水辺の美しさも抜群だ。



アダマは向こうに見える大きな木の謂れについて、延々と話し始めた。王家と戦争と向こうに見える大きな木の物語である。



アダマの知識の豊富さは良くわかるが、私にとってはその歴史物語より、今ここで暮れて行く村の美しさ、河の美しさ、生活の美しさを味わう方がよほど大切なので、アダマが大声で説明している中、徐々に離れて、川辺の方に行く。
アダマは意地になって(?)、徐々に離れてゆく私に聞こえるように、段々と大声を張り上げ、最後は叫ぶように語りながら、決して止めようとはしなかった、ガイド魂の発揮ですね。
水辺でも、遠くで、(もはや誰に聞かせようとしているかは不明だが)ずーっと叫び続けているアダマの声が聞こえる。

心休まる、小さな村の川辺の夕暮れである。

そしてすっかり暮れてしまった。






スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • 10:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM