<< これは!オールド・セグー、昔の王国がある 3日目  | main | 夕暮れの美しい村 3日目  >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


美しい村・・・・・何てカッコ良いモスク・・・3日目 

日記毎日ジャズ、ゲーム、アートへ
ジャズ喫茶行脚
スペイン旅行
亀の夢の庭へ


だんだんと暮れ始めている。街から9キロと言う村へ一目散。
「えっ、こんな所・・・?」と荒れた土地を見ているうちにいつの間にかタクシーは村に入っていった。

その辺をぶらぶらしている村人に運ちゃんが何か聞きながら、タクシーは村の中をゆっくり進む。
やがて、一本の木の下にタクシーが止まり、我々は降りる。
「まず、村長に会いに行って、礼金を渡して、許可を得る。」とアダマが言う。

そうして、村の中の迷路をぐるぐると回りながら、村長の家に着く。王家の子孫である。奥さんは三人いるとの事。



その一人の奥さんが家の門に出てくる、さすが、なかなかの美人だ。
我々は、奥に入り、かなり年老いた、正直言うとヨボヨボした老人にアダマより礼金を払い、握手をして入村の許可を得る。

村長の家を出て、すぐに村の中の大きな道に出会う。王朝時代は馬車が走っていたとの事、この道を見ると、王国の時代を信じる事ができる、立派な馬車道だ(馬はいたのか?)。

なんて立派な道だろう。


村の細い道を巡りながら、進む、時々アダマが解説を入れる。
「これは前の王様のお墓である。」
なかなか趣のあるお墓だ。



村の重要交差路には大きな木があった、だが、今は倒れ、でもその痕跡は残っている。



やがて偉大なる河、ニジェール川のほとりに近づいてゆく。



大きな、バオバブの木の周りで子供達が遊んでいる。




そして、このなんとも魅力的なモスクは何だ!おとぎの国のようだ。






スポンサーサイト

  • 2009.07.11 Saturday
  • -
  • 21:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM